1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. Welcome to talk×Classi、学校教職員対象「“明日使える”生徒指導のポイント」6月25日開催

2021年6月15日

Welcome to talk×Classi、学校教職員対象「“明日使える”生徒指導のポイント」6月25日開催

Welcome to talkとClassiは、「“明日使える”生徒指導のポイント」をテーマにした共催Web セミナーを25日に開催する。

長引くコロナ禍による休校やオンライン授業によって、学びだけでなく友だちと過ごす時間も奪われた子どもたち。環境変化や将来への不安の高まりから2020年小中高の自殺者数が最多を記録するなど、子どもたちのメンタルヘルス課題が顕在化している。こころの不調に関する対策は、学校現場においても急務課題となりつつあるという。

今回の共催Web セミナーでは、全国の学校教員や教育委員会の先生を対象に、Welcome to talk代表の関﨑 亮氏と専門家スタッフ医師の落 裕太氏がメンタルヘルスケア対策を紹介。押さえるべき生徒からのSOSサインと対応、保健室への訴えに多い「腹痛」を事例としたケーススタディを実施。2022年度から新学習指導要領に加えられる「精神疾患」にも触れ、これからの学校現場に求められる生徒支援について考えていくという。

開催概要

開催日時:6月25日(金) 16:00~16:45
参加方法:Webセミナー(Zoom開催)
参加対象:全国の学校教職員/教育委員会
セミナー内容:
・コロナ禍で顕在化するメンタルヘルス課題とは?
・生徒のSOSサインとその対応
・メンタルヘルスの基礎知識
・ケーススタディ:「お腹が痛い」
・2022年~高等学校の保健体育「精神疾患の予防と回復」とは?
・ICTを活用したメンタルヘルスケア
講師:
・Welcome to talk代表取締役社長 関﨑 亮氏
・専門家スタッフ 落 裕太氏(精神科医・消化器内科医)
参加費:無料(事前登録制)

詳細・申込

関連URL

Welcome to talk

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
採点ナビ

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 学習評価(アセスメント)特集ページ 公正な学習評価を実践するためのヒント集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス