1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パーソルチャレンジ、発達障がいのある人が先端ITを学べるオンライン有料学習サービス

2021年7月6日

パーソルチャレンジ、発達障がいのある人が先端ITを学べるオンライン有料学習サービス

パーソルチャレンジは、発達障がいのある人がAI・機械学習やデータサイエンスなどの先端IT領域を学べるオンライン有料学習サービス「Neuro Dive Online」の提供を1日から開始した。

全国どこからでも、在職・在学中でも、「障害者手帳」を持っていない人(「障害福祉サービス受給者証」を未取得の人、発達障がいの診断のない人など)も利用が可能。

同社は、これまで、障がい者の新たな職域拡大および活躍機会の創出と、ニーズが高まる先端IT領域における人材育成支援を目指し、2019年11月、国内初のIT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive 秋葉原」を開設、2021年7月には「Neuro Dive 横浜」を開設。

しかし、今まで、就労移行支援事業所から遠方に住んでいる人や、「障害福祉サービス受給者証」を取得していない、在職・在学中などの理由で利用できないケースが多くあったという。さらに利用者からも、事業所での一日の学習時間に制約があるため、もっと学習したいという要望が寄せられていた。そこで、オンライン有料学習サービスとして「Neuro Dive Online」を7月1日から提供開始。

「Neuro Dive Online」は開始初年度利用者50人以上、2年目以降は年間20人の先端IT領域就職者輩出を目指す。

「Neuro Dive Online」の特徴は、①全国どこからでも、在職・在学中でも、「障害者手帳」がなくても学べる。②オンラインならでは、利用者を全国でつなぎ、利用者の学習意欲に応える独自の機能を提供。③就労安定につなげるためのサポート。

「Neuro Dive Online」概要
提供開始:7月1日(木)
連絡先:pch-neurodive-online@persol.co.jp (メール)
利用対象者:一般企業への就職希望のある人
※先端IT(データサイエンス・AI・機械学習)スキルを身に着け就業したい意欲・素養がある人
利用料金:
・入会金:20万円(税別)
・月額利用料金:5万円(税別)
※「精神障害者保健福祉手帳」を持っている人も有料。
※2022年3月31日までに入会した人には、入会金や利用料金がお得になるキャンペーンを実施している。まずはWeb説明会に参加する。
Web説明会の日程・詳細

関連URL

パーソルチャレンジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス