1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都芸術大学、通信教育課程にAI型チャットボット「BEDORE Conversation」を導入

2021年8月24日

京都芸術大学、通信教育課程にAI型チャットボット「BEDORE Conversation」を導入

京都芸術大学は23日、同大通信教育課程に、BEDORE社の深層学習と自然言語処理 (NLP) を活用した自動対話エンジン「BEDORE(べドア) Conversation」を、9月から導入・運用すると発表した。

イラストレーションコース ア・メリカ客員教授によるアイコン

同課程では、「BEDORE」導入にあたって、入学検討者向けのWebサイトと学生専用サイトにチャットボットを設置。

通信教育課程イラストレーションコース客員教授ア・メリカ氏による親しみやすいキャラクターをアイコンにするなど、多くの人が利用できるインターフェース設計にする予定。

9月から先行して開始する入学検討者向けのサービスでは、2020年度と比較して、問い合わせ対応業務の2~3割、12月に開始を予定している在学生向けのサービスでは、1~2割の削減を見込んでおり、通信教育部全体での大幅な業務効率化を見込んでいる。

問い合わせ対応業務では、定型的な内容をチャットボットが回答することで、業務の平準化が図られ、担当職員は複雑な質問や個別の学習支援など、より細やかなサポートが必要となる非定型の問い合わせに対応する時間を確保できる。

1万人以上の学生が在籍している同大通信教育課程では、学生専用サイトのフォームを通じて年間約3万8000件、電話窓口を通じて日に約30件~100件の問い合わせがあり、内容に応じて、各担当職員が個別に対応していた。

また、2021年度の出願者は4540人(前年比250.4%)と前年度から大幅に増加しており、日々の問い合わせ数も学生数の増加に伴い増加。業務負荷が高まり、事務局では業務分掌の見直しや職員の増員などが発生していた。

今回の「BEDORE」(AIチャットボット)導入で、オンライン上の学習支援が更に強化されるとともに、職員の業務負荷低減・業務生産性の向上も実現。今後は、チャットボットを通じて24時間365日問い合わせへの対応ができるようになる。

同大通信教育課程は1998年開設。会社員、主婦、定年後の人など、あらゆる立場や職業の人々が、北海道から沖縄、海外からも集う、日本で初めての4年制の通信制芸術大学。4学科15コース(芸術教養学科、芸術学科、美術科、デザイン科)に1万619人が在籍。

関連URL

BEDORE

京都芸術大学通信教育課程

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス