1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約6割の学校が「LGBTQ」の生徒に関する服装の配慮を導入・検討中=カンコー学生服調べ=

2021年10月27日

約6割の学校が「LGBTQ」の生徒に関する服装の配慮を導入・検討中=カンコー学生服調べ=

菅公学生服(カンコー学生服)は26日、同社が毎月最終火曜日に発信している調査レポート「カンコーホームルーム」のVol.189で、全国の小中高校の教員1800人を対象に実施した、「ジェンダーレス制服の導入背景に関する調査データ」を公開した。

「ジェンダーレス制服」は、性別に関係なく着ることができる学校の制服で、男女兼用のブレザータイプの制服や、今までスカートだけだった女子制服にスラックスを導入する動きが増加している。

今回の調査では、全国の小中高校の教員を対象に、服装による「LGBTQ」の生徒・児童への配慮の現状や、学校での「LGBTQ」生徒・児童の把握状況、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として良いと思うスタイルについて聞いた。

それによると、「あなたの学校では、服装によるLGBTQの生徒・児童への配慮はされているか」との質問には、「服装による配慮をしている」(39.3%)、「今は服装による配慮はしていないが、今後予定している」(20.3)と回答。この2回答を合わせると、約6割の学校で何らかの服装の配慮を導入・検討中であることが分かった。

一方で、「服装による配慮はしていない」(40.3%)という学校も約4割あった。

「あなたの学校には、LGBTQの生徒・児童が在籍しているか」との質問では、小学校では、LGBTQの児童が「いる」(10.9%)だが、中学・高校では「いる」(中学校32.0%、高校31.1%、中高一貫教育校36.0%)が増え、学校が把握しているLGBTQの生徒・児童の割合が高くなっている。

また、「LGBTQの生徒・児童への服装の配慮として良いと思うものは何か」を聞いたところ、「女子のスラックス制服の採用」(50.1%)が最も多く、以下、「スカート・スラックス・リボン・ネクタイなど男女関係なく自由に選べるようにする」(36.0%)、「男女共通デザインのブレザー制服の採用」(35.4%)などがあげられた。

この調査は、全国の小中高校の教員1800人を対象に、今年6月に、インターネットリサーチという形で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「カンコーホームルーム」

カンコー学生服

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス