1. トップ
  2. データ・資料
  3. 0~2歳児の就寝時刻、親の希望は「夜9時まで」だが実態は半数以上が「夜9時以降」=江崎グリコ調べ=

2021年12月14日

0~2歳児の就寝時刻、親の希望は「夜9時まで」だが実態は半数以上が「夜9時以降」=江崎グリコ調べ=

江崎グリコは13日、同社の子育てアプリ「こぺ」が、0~2歳までの長子を育てる20~49歳の親800人を対象に実施した、「 0~2歳児の家庭における睡眠に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、「理想的には、子どもに対して、平均して何時ごろに就寝してほしいと思うか」と質問したところ、7割近く(68.8%)の親が「夜9時までに子どもを寝かせる」ことを理想と認識していた。

だが、「実際は、子どもは平均して何時ごろに就寝しているか」を聞いたところ、「実際に夜9時までに寝かせることができている」のは5割以下(46.1%)と低迷。

また、夜9時以降に就寝している子どもは、7時以降に起床してしまっている割合が高く、「遅寝、遅起き」の睡眠リズムになりがちであることも判明した。

子どもの睡眠の実態について尋ねたところ、「子どもが眠りにつく時間が、日によってバラバラである」(39.8%)、「子どもが夜中に目を覚ますことがある」(39.7%)家庭が多く、4割近いことが分かった。

また、夜9時以降に就寝する子どもの親は、夜9時以前に就寝する子どもの親よりも就寝時刻のバラつきを顕著に感じていることも判明した。

夜9時までに就寝させることが難しい、睡眠リズムがバラつくなどの課題があるにもかかわらず、夜9時以降に就寝する子どもの親で、子どもの睡眠に関して問題意識をもっている人は、約2割と少ない。子どもの睡眠の重要性が広く認知されていないことが分かった。

この調査は、0~2歳までの長子を育てる家庭で、配偶者と同居している20~49歳の既婚者800人を対象に、10月4日に、 WEB定量調査という形で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

子育てアプリ「こぺ」

江崎グリコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス