1. トップ
  2. データ・資料
  3. 大学入学後にギャップを感じた学生は4割超 =ディスコ調べ=

2022年3月16日

大学入学後にギャップを感じた学生は4割超 =ディスコ調べ=

ディスコは、3月卒業予定の就職が決定した学生を対象に行なった、大学進学に関する調査結果を発表した。

大学選びの際に着目した点や、大学進学時のキャリア意識などを尋ね、入学後の学業への取り組み姿勢や、就職先企業への満足度との関連性を調べた。

入学した大学(学部、学科)の満足度は全体の3割強が満足度を「90%以上」と回答。平均値は78.3%で、大学への満足度は総じて高い。

入学前にイメージしていた大学生活とのギャップは、「とても感じた」は1割未満(7.7%)だが、「やや感じた」(33.3%)を合わせると、4割超の学生がなんらかのギャップを感じていた(計41.0%)

入社を予定している企業への満足度を尋ねると、「100%」が26.6%、「90%台」をあわせて過半数が90%以上と回答(計52.0%)。平均値は84.0%で、大学満足度78.3%より高い。

学業への取り組み姿勢別に就職先満足度を見ると、「学業にかなり力を入れてきた」と回答したグループは、4割以上(41.7%)が就職先満足度を「100%」と回答。平均も87.6%と高水準で、学業への取り組み姿勢と就職先の満足度は相関が見られる。

学生が、就職に有利と思う学部系統の1位は「【理系】情報系」(31.9%)で、「【文系】ビジネス系(経済・経営・法など)」が続いた(27.0%)。

調査概要
調査対象:3月に卒業予定の大学4年生のうち就職先企業を決定した人(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答者数:822人(文系男子232人、文系女子268人、理系男子223人、理系女子99人)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年12月15日~24日
サンプリング:キャリタス就活2022 学生モニター

詳細レポート

関連URL

ディスコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス