1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネオス、デジタル教材「デジタル漢字プラス」「デジタル計算プラス」開発に対応

2022年4月25日

ネオス、デジタル教材「デジタル漢字プラス」「デジタル計算プラス」開発に対応

ネオスは21日、青葉出版が提供するデジタル教材「デジタル漢字プラス」「デジタル計算プラス」の開発に対応したと発表した。


「デジタル漢字プラス」「デジタル計算プラス」は、青葉出版が販売するドリルに対応したデジタル教材。従来の紙教材に加えて、タブレットやPCで問題に繰り返し取り組むことで基礎をしっかりと身につけることが出来るという。

ドリルの表紙に記載されたQRコードからアクセスするだけで利用を開始することができ、対応機種やOSはGIGAスクール構想における標準仕様に対応。

漢字の書き取りや計算の正誤を判定する「自動採点機能」により、間違えた箇所が一目でわかるとともに、解答の丸付けから間違えた問題の解き直しまで、子どもの自学自習をサポートする。

「デジタル漢字プラス」は、漢字のとめ・はね・はらいや書き順まで判定し、教員や保護者がついていなくとも正確な採点の下で正しい漢字を学ぶことができる。


また、「デジタル計算プラス」には解き方を見ることが出来る解説動画に加え、ドリルとは異なる計算問題を新たに約3000問収録しランダムに出題するなど、デジタルならではの充実したコンテンンツで学びをより深める。

ネオスではキャラクターやゲーミフィケーションを取り入れた、子どもから大人まで“楽しく学べる”エデュテインメントコンテンツを創造している。これまで積み上げてきたアプリ開発の実績や、Web・コンテンツ制作からクラウド関連技術まで幅広くカバーする技術力を活かし、様々なユースケースに応じて企画・デザインから開発、品質管理、運用までの工程全てに対応している。

「デジタル漢字プラス」「デジタル計算プラス」の詳細 

関連URL

ネオスサービスの詳細

ネオス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス