1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ティーファブワークス、探求学習の道具箱「AkaDako STEAM BOXプロトタイプ」開発

2022年4月26日

ティーファブワークス、探求学習の道具箱「AkaDako STEAM BOXプロトタイプ」開発

ティーファブワークスは24日、USBケーブルを一本挿すだけで、12種類以上の計測と各種AI判定、5種類以上の制御、IoT・双方向通信などがScratchから簡単に出来る小中学校向け「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」を開発したと発表した。

同製品の特徴は、配線ゼロで高機能なこと。同社が開発したScratch用拡張ボードAkaDakoをプラットフォームとし、12種類以上の計測&グラフ描画(AI判定・明るさ・温度・湿度・気圧・距離・加速度・電圧・音量・etc)できる。5種類以上の制御を搭載(DCモーター・サーボモーター・フルカラーLED・etc)、IoT・双方向通信が配線ゼロで簡単に行える。理科教材として、計測制御や課題解決の道具として、プログラミングツールとして、小学校から中学校まで様々な授業で活用する事が出来る。

USBケーブルで端末(Windows,Chromebook,Mac,etc)と接続。ブラウザで指定のURLにアクセスするだけで利用ができ、配線、組み立て、充電、電池の用意、ペアリング、アプリやドライバのインストール、ユーザー登録、設定等は一切不要。片付けもUSBケーブルを抜くだけと扱いやすい。また、多くの教員・生徒が触った事があるScratchからコントロール出来るよう専用ブロックを用意している。

同社では、学校・教育委員会向けに「AkaDako STEAM BOX」の無料レンタルの受付を開始している。

詳細

関連URL

ティーファブワークス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス