1. トップ
  2. データ・資料
  3. overflow、デジタル人材の副業・複業採用決定数をプログラミング言語・スキル別で分析

2022年6月20日

overflow、デジタル人材の副業・複業採用決定数をプログラミング言語・スキル別で分析

overflowは16日、同社が運営する「Offersデジタル人材総研」がデジタル人材の副業・複業採用決定者数についてのレポートを公開したと発表した。

2020年度と2021年度の年間採用決定者数の変化について調査を実施。これによると年間採用決定者数は前年度比3倍となっており、副業・複業の一般化が観察される。

プログラミング言語別の採用決定者数では、上位からTypeScript、Python、Go、Rubyが上位4位を占める結果となった。候補者の所属企業において副業・複業が制度として拡がっている企業がモダン言語を採用していると言えそうだ。これらのスキルセットの人材は正社員採用市場では少ない傾向にあることから、副業・複業人材を検討してみることを勧めるという。

DXの一貫で注目が集まる機械学習・AI・データ分析についても前年度比2倍強の増加が観察されている。知識・経験がある人材の正社員雇用が難しいことから、まずは副業からでもお願いしたい企業と、所属とは異なるデータセットを持つ企業に参加したい候補者のマッチングが起きていることが予想される。

関連URL

overflow

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス