1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「部活指導は教員以外に」は7割強、「補助職員の増員」には8割強が賛成 =紀尾井町戦略研究所調べ=

2022年9月9日

「部活指導は教員以外に」は7割強、「補助職員の増員」には8割強が賛成 =紀尾井町戦略研究所調べ=

紀尾井町戦略研究所は、全国の18歳以上の男女1000人を対象に実施した、「教員の働き方や教育の質に関する意識調査」の結果をまとめ、9月7日付で発表した。

それによると、教員の働き方改革のために「部活指導員」など教員でない人がほぼ全面的に部活動の指導をすることに対して、76.7%が「賛成」と回答し、「反対」7.8%を大きく上回った。

教員のテスト採点の補助などを行う補助職員の配置推進にも、82.2%が「賛成」と回答。「反対」7.7%を大きく上回った。

一方で、学校現場で非正規労働者の教員が増えることには、44.6%が「好ましくない」と回答し、「特に問題ない」37.7%を上回った。

「好ましくない」と回答した人を年代別に見ると、30代以下はどの年代も3割台以下だったのに対し、40代以上はいずれも4割台以上だった。

また、公立学校教員の時間外勤務手当を支払わず、「教職調整額」を一律支給する「教職員給与特別措置法」の廃止や改正には、57.0%が「賛成」と回答、「反対」18.5%を大きく上回った。

教員の出退勤をタイムカードなどで正確に記録することには、78.9%が「賛成」し、「反対」6.8%を大きく上回った。

教員の長時間労働解消のために授業時間を減らすことについては、「反対」が53.2%に上り、「賛成」は24.0%だった。賛成の人を年代別に見ると、10・20代は4割台、30~50代は2割台、60代以上はいずれも1割台だった。

児童や生徒の不登校や問題行動への取り組みについては、「児童や生徒が安心して過ごせるよう、行政機関がフリースクールなど学校以外の第3の場所を確保する」との回答が46.3%で最も多かった。

小中学校で2024年度からデジタル教科書が英語で先行導入され、紙の教科書も併用することになることに関連し、教科書ではデジタルと紙を「当面併用すべきだ」との回答が36.5%で最多で、次に「まずは英語で様子を見て、効果があれば他の教科もデジタル導入を」25.1%が続いた。

小学校の英語教育開始を現行の3年生より引き下げることには、58.3%が「賛成」と回答。小学校低学年から中学受験の勉強をすることには、「子どもに負担が掛かるので必要ない」との回答が38.7%で最多で、次に「好ましくはないが、仕方ないと思う」33.5%が続いた。

また、岸田内閣支持率は21.0%(前回8月9日25.1%)で、不支持率は急増して57.4%(同48.0%)だった。

この調査は、全国の18歳以上の男女を対象に、9月2日にインターネットで実施した。有効回答数は1000人。

関連URL

調査結果の詳細

紀尾井町戦略研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス