1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTTドコモ、「第21回ドコモ未来ミュージアム」受賞作品が決定

2022年12月12日

NTTドコモ、「第21回ドコモ未来ミュージアム」受賞作品が決定

NTTドコモは8日、全国の子どもたちを対象にした創作絵画コンクール「第21回ドコモ未来ミュージアム」を開催し、厳正な審査を経て受賞作品が決定したと発表した。

「ドコモ未来ミュージアム」は、未来をつくる子どもたちの夢や未来を応援するため、ドコモが2002年から毎年開催している創作絵画コンクール。「僕たち私たちの未来のくらし」をテーマに、子どもたちが将来「こうなってほしい」と思うことや「こうしたい」と想像する未来の世界や希望を自由な発想で描いてもらう。

また、子どもたちにとってデジタルツールが身近になっている今、デジタル絵画を通じて子どもたちのさらなる創造性や表現力を育むきっかけを提供し、子どもたちの夢や未来を応援していきたいとの想いで、今年度から「デジタル絵画部門」の賞を拡大し、「絵画部門」と同様に年齢・学年ごとに5つの部にわけて賞を設けた。

第1回開催は2002年。第21回を迎えた今年度は、全国から11万5793作品の応募があり、累計応募作品数は200万点を超えた。今年度は、子どもたちが自由に未来について考え、カラフルで大胆な作品、社会問題をテーマにした作品や、大人では想像できないような世界が描かれた作品など、多様性に富んだ作品が多く寄せられたという。

今回、厳正な審査を経て、「ドコモ未来大賞ゴールド」10作品(うち、最優秀作品賞として1作品を「文部科学大臣賞」に選出)、「ドコモ未来大賞シルバー」10作品、「審査員特別賞」5作品の計25作品の受賞が決定した。

上位賞受賞者の表彰式は12月17日にドコモ本社で行う。3年ぶりの開催となる表彰式では、 子どもたちがデジタルツールに触れ、楽しく親しめるようなプログラムを用意する。会場には、XR体験ができるブースを設け、スマホをかざすと子どもたちが描いた作品が立体的に 出現する。

「第21 回ドコモ未来ミュージアム」概要
応募対象:3歳から中学生(国籍不問、日本国内に在住あるいは在学中の人)
応募テーマ:「僕たち私たちの未来のくらし」 ※本人が創作したオリジナル作品
応募部門:絵画部門、デジタル絵画部門
応募総数:11万5793点
累計応募総数:200万3376点

詳細

関連URL

「ドコモ未来ミュージアム」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス