1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スタディメーター、学生のアイデアから生まれた英文作成サービス「Transable」無料公開

2023年1月17日

スタディメーター、学生のアイデアから生まれた英文作成サービス「Transable」無料公開

スタディメーターは13日、英文作成サービス「Transable(トランサブル)」を発表した。

「Transable」は、入力した日本語文を英語文に自動翻訳すると同時に、翻訳された英語文の文法チェックも行うことができる。また、完成した英語文を日本語文に逆翻訳して、意図した通りの英語文が作成できているかどうかもすぐに確認できる。自動翻訳にはDeepL、文法チェックにはGrammarlyのAPIを活用しており、高い精度で翻訳と文法誤りの指摘を実現する。同サービスは、ユーザー登録不要で誰でも利用することができる。

このサービスは、スタディメーターのスタッフである立命館大学の大学院生のアイデアから生まれた。同スタッフは、英語論文を作成するためにAI翻訳ツールを活用していたが、単純な日英翻訳だけでは英文法に誤りが出ることや、細かいニュアンスを正確に表現できないことに課題を感じていたという。そこで、日英翻訳のあと、文法チェックツールを活用した文法の修正や、日本語への逆翻訳を利用したニュアンスの調整を行うようにしたところ、翻訳の精度が高まり、自信を持って英語論文を作成できるようになった。

同スタッフは、この手法による英語論文作成作業をさらに効率化するために、日英翻訳・文法チェック、日本語への逆翻訳を1画面で行えるサービスのアイデアを考案。また、この手法は英語のライティング学習にも効果が期待されており、立命館大学の生命科学部、薬学部、スポーツ健康科学部、総合心理学部で展開される独自の発信型英語教育「プロジェクト発信型英語プログラム(Project-based English Program: PEP)」において、AIを活用した英語学習の実証実験ツールとして導入が検討されているという。

スタディメーターでは、スタッフが自身のアイデアを社会実装するための学びをサポートしており、同サービスはその企画の第2弾。同サービスを実装した学生スタッフは、1からサービスデザインやプログラミングを学習し、約1カ月で企画から実装までを実現した。

今後は、同サービスを活用した英語学習を広めるため、UI改善のほか、最初の日本語と逆翻訳の一致度を評価する仕組みの導入や、ライティング以外の英語学習でも活用できるような機能拡張を行っていく計画だという。

関連URL

「Transable」

「PEP」

スタディメーター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス