1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. テクノホライゾン/業績予想を下方修正

2013年5月8日

テクノホライゾン/業績予想を下方修正

テクノホライゾン・ホールディングスは2日、2013年3月期の通期業績予想を修正した。

売上高は266億円(前回予想比19.4%減)、営業損失1億1000万円(-)、経常利益2億円(同50.0%減)、当期利益4000万円(同85.2%減)と下方修正した。

修正の理由は、書画カメラ販売の最大市場である米国(初等教育)市場が衰退化し、国内、欧州の需要は比較的堅調であったものの当期の売上落込みをカバーできなかったことなどによる。

また、新規市場向け商品であるモバイルプロジェクター「BOXi」・多目的フィールドカメラ「QBiC」は、仕様・性能向上を図ったため期初計画より導入が遅れ、本格的な量販を次年度まで繰り越した。

関連URL

http://www.technohorizon.co.jp/news/holding/20130502.pdf

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録