1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. D2C/中高生向けスマホアプリ開発コンテストの決勝戦を29日実施

2013年9月20日

D2C/中高生向けスマホアプリ開発コンテストの決勝戦を29日実施

D2Cは、全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2013」の決勝戦を、29日に東京港区のD2C本社セミナールームで実施する。

決勝戦では、12組の小学生から高校生までの開発者が公開プレゼンテーションを行い、5名の審査員が、企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出、表彰する。

一般の観覧者も、生徒たちによるプレゼンテーションを聞いたり、作品の数々をスマートフォン上で実際に操作したりすることが可能。

「アプリ甲子園」は、文部科学省の後援で2011年からスタートした中高生のためのスマートフォンアプリ開発のコンテスト。

7月1日から8月31日まで、全国の中高生が開発したiPhoneやAndroidに対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向け含む)を公式サイトで募集。533件の作品の応募が集まり、6日に予選審査を実施し、決勝進出者12組が選出された。

関連URL

公式ウェブサイト
フェイスブックページ

問い合わせ先

D2C

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21