1. トップ
  2. データ・資料
  3. 文科省/国際成人力調査で日本の平均軒並み1位に

2013年10月15日

文科省/国際成人力調査で日本の平均軒並み1位に

文部科学省は8日、OECD(経済協力開発機構)が行った「国際成人力調査(PIAAC)」の調査概要を発表した。

調査は、24の国・地域において、約15万7000人に対して実施。16歳から65歳の成人を対象に、社会生活に必要な「読解力」「数的思考力」「ICTを活用した問題解決能力」のスキルについて習熟度の調査を行った。

PIAACの分野別結果の各国比較

パソコンを使って調査を行ったが、コンピュータを使った経験がない、紙を使った調査を希望する、コンピュータの導入試験で不合格となったなどの場合は、紙で調査を行った。

それによると、日本は、「読解力」「数的思考力」の平均得点で、参加国中第1位という結果になった。

「読解力」は、参加国の平均が273点のところ日本の平均得点は296点、「数的思考力」は、参加国の平均が269点のところ、日本の平均点は288点で、ともに参加国の平均を大きく上回った。

「ICTを活用した問題解決能力」は、コンピュータ調査を受けた者の平均点で分析すると、日本の平均点は294点であり、参加国の平均283点を上回る結果に。しかし、紙で調査を受けた者の割合が36.8%と、こちらも参加国平均の24.4%を大きく上回っていた。

 関連URL

文科省

問い合わせ先

文科省(代表)
電 話:03-5253-4111

 

 

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21