1. トップ
  2. 教育事例
  3. 帝京大学/2014年度から入学準備教育で反転授業を開始

2013年11月11日

帝京大学/2014年度から入学準備教育で反転授業を開始

帝京大学は11日、2014年度のAO入試と推薦入試の入学予定者を対象に、これまでの入学準備教育に加え、オンライン授業映像とフリップトクラスルーム(反転授業)による入学準備教育を行うと発表した。

帝京大学では、入学前に学ぶ意義を理解し、主体的に学ぶ姿勢を身につけるために「帝京学」と題した映像による授業を行ってきた。

2014年度から、対象者はインターネットを利用して全講義12回の中から、「帝京大学について学ぶ」「クラブ襲撃事件と刑法」などの必須2授業と、「経済学科で何が学べるのか?」「認知心理学の認知症への接近」などその他3授業の映像を視聴し、ポートフォリオを提出する。

その後、AO入試による入学予定者のうち希望者は、さらに理解を深めるために「フリップトクラスルーム」に参加する。

対象となるのは、経済学部(地域経済学科を除く)・法学部・文学部・外国語学部・教育学部・大学短期大学の入学予定者。

フリップトクラスルームとは、予め授業を映像で受講し、その後に対面式の授業でディスカッションなどを行うもので、米国で2000年代から急速に広がった教育手法。

関連URL

帝京大学

問い合わせ先

帝京大学

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21