1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. CCC-TIES/高等教育でのデジタル教材活用をテーマにシンポジウを3月大阪で開催

2015年1月23日

CCC-TIES/高等教育でのデジタル教材活用をテーマにシンポジウを3月大阪で開催

CCC-TIESは、シンポジウム「デジタル教科書と教材流通による高等教育の豊富化と質保証、そしてCHiLOの未来」を、3月14日に大阪大学で開催する。

シンポジウムでは、電子書籍や、インターネットで公開されている教材「OER(オープン教育リソース)」などの専門家が集まり、高等教育でのデジタル教材の活用と流通の未来と課題に関して議論。

さらに、TIESが開発したラーニングシステム「CHiLO」の役割について検討する。

基調講演には、「デジタル教科書の最新動向」と題し、上智大学の田村恭久教授が登壇。

記念講演には、「学士力養成のための共通基盤システムを活用した主体的学びの促進」と題し、千歳科学技術大学の小松川浩教授が登壇する。

パネルディスカッションでは、「高等教育のオンライン化におけるデジタル教科書と教材流通」をテーマに意見を交換する。

そのほかに、国立情報学研究所、日本電子出版協会、TIESの発表や、討論などを行う。

概要

開催日:2015年 3月14日[土] 13:30~18:00 ※受付 13:00~
場 所:大阪大学 中之島センター 7F 703教室
参加費:CCC-TIES会員 1000円/非会員 2000円
詳細・申込

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21