1. トップ
  2. データ・資料
  3. ジャストシステム/SNSですべての年賀状の代用をした人は13.6%

2015年1月26日

ジャストシステム/SNSですべての年賀状の代用をした人は13.6%

ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、「年末年始のスマートフォン利用に関するアンケート」を実施し、その結果を発表した。

調査対象は事前の調査でスマートフォンを利用していると回答した10代~60代の男女500名で、調査期間は今月13日から14日。

それによると、年末年始(2014年12月30日~2015年1月5日)、1日あたりの平均接触時間が最も長かったメディアは「テレビ」(276分)で、世代ごとに見た場合でも全世代でトップとなった。「テレビ」の平均接触時間が全世代中、一番短かった10代でも、「スマートフォン」の184.8分に対して、「テレビ」は189.2分という結果となった。

また、年賀状を一切出さずに、すべてSNS上のコミュニケーションで代用した人は13.6%。「すべての知人に年賀状を投函した」人は21.0%、「年賀状も出したが、1割ぐらいの知人はSNSで済ませた」人は14.8%、「7割ぐらいの知人はSNSで済ませた」人は8.2%という結果となった。

関連URL

「Fastask」実例レポートページ

問い合わせ先

ジャストシステム

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21