1. トップ
  2. データ・資料
  3. TCA/9割以上の学生が「歩きスマホ」が増えているとの回答

2015年1月27日

TCA/9割以上の学生が「歩きスマホ」が増えているとの回答

電気通信事業者協会(TCA)は23日、「歩きスマホ」の実態と意識に関するインターネット調査を実施し、その結果をWebで公開した。調査期間は、2014年12月11日から14日。調査対象は、東京23区・名古屋市・大阪市・福岡市・札幌市在住の15歳から69歳の男女スマートフォン保有者。

それによると、普段から「歩きスマホ」をしている人は44.8%と半数近くに上った。特に「歩きスマホ」をしているのは女性10~30代と、男性10~20代。3人に1人は「歩きスマホ」でぶつかりそうになった経験があると答えている。

「歩きスマホ」で実際にぶつかったり、ぶつかられることが多いのは駅で、特に「駅の通路」との回答が36.7%となった。

以前より「歩きスマホ」をする人が増えていると思うか、という質問に対して、「増えている」との回答は全体で85.5%、学生のみでは91.2%となった。

関連URL

「歩きスマホ」に関する調査

問い合わせ先

電気通信事業者協会
enq@tca.or.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21