1. トップ
  2. ツール・教材
  3. オプティム/スマホ・タブレット向け子ども見守りサービス

2015年4月9日

オプティム/スマホ・タブレット向け子ども見守りサービス

オプティムは8日、スマートフォン・タブレット向けペアレンタルコントロールサービス「mamoly(まもりー)」を発表した。本サービスは、3月に学研教育アイ・シー・ティー(学研教育ICT)が販売した、学習用Androidタブレット「学研がんばるタブレット (HUAWEI MediaPad T1 8.0【教育モデル】)」に標準搭載される。

「mamoly」

「mamoly」は、企業向けモバイル管理サービス(MDM)を提供しているオプティムが開発した「お子さま見守りサービス」。

機器の使い過ぎや夜遅くまでの利用を防ぐ機能や、有害なアプリ・SNSなどコミュニケーションアプリを使わせないようにする機能、子どもの居場所を確認できる機能のほか、大切な情報の入った機器を失くしてしまった場合に機器にロックをかける機能などを搭載している。

また、保護者の持つスマートデバイス・PCから管理サイトにアクセスでき、設定も遠隔から行うことができる。
学習用タブレット「学研がんばるタブレット(HUAWEI MediaPad T1 8.0【教育モデル】)」は、自分のペースで学習を進めることのできる、 “学びのコンテンツ”を取り揃えた学習用タブレット。全国のイオン430店舗で購入が可能。

関連URL

製品情報
「学研がんばるタブレット(HUAWEI MediaPad T1 8.0【教育モデル】)」

問い合わせ先

オプティム

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録