1. トップ
  2. 教育事例
  3. 東大とKCCS/次世代ハイブリッド図書館の実現に向け実証実験開始

2015年5月13日

東大とKCCS/次世代ハイブリッド図書館の実現に向け実証実験開始

東京大学附属図書館と京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は13日、次世代ハイブリッド図書館の実現に向けた実証実験を開始したと発表した。

実験では読書空間をネットワーク化

KCCSは、東京大学「新図書館計画」の中で、電子書籍を使った授業や学術研究を支援する仕組みを、KCCSグループの電子書籍ソリューション「BookLooper」で提供してきた。

その第2段階として、インターネットで公開されている著作権の保護期間が満了した書籍を活用し、電子書籍の学術的利活用方法の検証を行うために、2014年10月から実験準備を進め、2015年5月から本格的な実証実験を開始した。

実証実験では、東京大学附属図書館で独自に電子化した書籍、国内外のデジタルアーカイブで公開されている再利用可能コンテンツ、新刊学術電子書籍などを連携。

文学作品の作者がどのような書籍を読み、作品を作り上げていったのか追体験できる読書空間を構築する。

電子コンテンツの拡充と、そこに連なる知識のネットワーク化に取り組み、学生の探究心を育む次世代ハイブリッド図書館の実現を目指すという。

関連URL

京セラコミュニケーションシステム

問い合わせ先

KCCSカスタマーサポートセンター
電 話:0120-911-901(フリーコール)/050-2018-1827(携帯電話、PHS、IP電話など)

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ