1. トップ
  2. 教育事例
  3. 立命館大学/学生の制作したオムニバス映画がデルタ航空で上映決定

2016年1月19日

立命館大学/学生の制作したオムニバス映画がデルタ航空で上映決定

立命館大学映像学部は、同大学の学生が制作したオムニバス映画作品が、デルタ航空のエグゼクティブクラスで、2016年3月から2017年2月までの1年間、機内上映プログラムにラインナップされることが決定したと発表した。

キャプチャ

オムニバス作品の1つ「ろくでなしに送る歌」

今回、ラインナップが決定した作品は、2011年度から2012年度にかけて立命館大学映像学部の客員教授を務めた映画監督の中島貞夫氏の監修の下、「映像制作論」の授業の一環で、全行程を学生が制作したオムニバス映画『嵐電の街、ひと模様』。

立命館大学映像学部では、日本の大学で唯一、世界最大級の映像見本市「香港フィルマート」に出展し、学生が自ら制作した作品の販売交渉を、世界中から集まるバイヤーと行っている。

『嵐電の街、ひと模様』は、2015年3月に香港フィルマートに出展。その際に、飛行機内で上映する映画を販売する香港のアンコール社のバイヤーの目に留まり、2015年11月に同社とのコンテンツ販売に関した販売代理契約の締結に至った。

その後、アンコール社が、各国航空会社との交渉を進め、このたび、旅客運送数および旅客キロ数で世界最大級のデルタ航空のエグゼクティブクラスの機内上映プログラムにラインナップされることが決定した。

映像学部では、2016年3月に開催される香港フィルマートでも作品の出展を予定している。

関連URL

『嵐電の街、ひと模様』予告編映像

立命館大学映像学部

EDIX2017会場でClassiを体験! 「先生の授業・生徒指導」「生徒の学習」を支援するクラウドサービス 導入事例はこちら
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21