1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 福岡地域社会教育ICT活用連携協議会/水族館と小学校をつなぐ遠隔授業を実施

2016年1月25日

福岡地域社会教育ICT活用連携協議会/水族館と小学校をつなぐ遠隔授業を実施

福岡地域社会教育ICT活用連携協議会は、学校と水族館をWeb会議システムでつなぎ、遠隔授業を提供する「自然ネットワーク教室」の1回目を27日に実施する。

「自然ネットワーク教室」は、文部科学省の「人口減少社会におけるICT活用による教育の質と維持向上に係る実証事業」の委託事業として実施する。

27日に実施する1回目では、福岡市西区にある今津小学校と、福岡市東区にある水族館のマリンワールド海の中道をWeb会議システムでつなぎ、同校の5、6年生36名を対象に「福岡の海の生きもの」と題した講座を提供する。

講座では、スナメリやウミガメなど福岡の海にゆかりがある生き物を紹介。地域の自然について興味を喚起するとともに、専門家とパソコンだけで手軽につながることで、新たな学びの形を探るという。

関連URL

マリンワールド海の中道

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録