1. トップ
  2. ツール・教材
  3. リコーがレーザー光源を採用した短焦点プロジェクターなど発売

2016年7月13日

リコーがレーザー光源を採用した短焦点プロジェクターなど発売

リコーは、レーザー光源を採用した短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXL4540」、高輝度スタンダートプロジェクター「RICOH PJ WU5570/X5580」を19日に発売する。 全てオープン価格。

「RICOH PJ WXL4540」は、耐用期間が約2万時間というレーザー光源を採用し、これまでのランプ式プロジェクターに比べてメンテナンス性が向上した。RICOH PJ WXL4540_73右_ww_image

また、電源入れた後、数秒でレーザー光源による色鮮やかな投影ができるほか、焦点距離が短いため、狭いスペースを有効活用することが可能。さらに、防塵対策がされており、チョークの粉などが舞う教室でも問題なく使用できるという。

寸法は383×308×85mm、重量は約5.5kgで、3000lmクラスのレーザー光源短焦点プロジェクターとしては、最小・最軽量を実現。設置する空間や用途に合わせて持ち運び・据え置き両方で利用できる。

同時に発売する「RICOH PJ WU5570/X5580」は、6000lmクラスの高輝度スタンダードモデルとして、教育向けなどあらゆる場所で幅広い利用が可能だという。

関連URL

リコー

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録