1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本教育研究団、「社会情報大学院大学」を来春オープン

2016年9月2日

日本教育研究団、「社会情報大学院大学」を来春オープン

日本教育研究団は1日、文部科学大臣の設置認可を得て、2017年4月に「社会情報大学院大学」を東京・高田馬場に開学すること発表した。

高度な情報化が進む現代社会において、あらゆる組織では、理念と行動に未来学とも言える研究が必要という。「社会情報大学院大学」では、企業などの広報部門の人・官公庁や自治体などで広報・広聴、地域活性を担う人、企業などで情報・広報担当役員(CIO、CCO)を目指す人、首長、議員、政策秘書(志す人)などを主な院生対象とした、「広報と情報を専門領域とする大学院」を目指すという。

同大学の修業年限は2年間で、授業は平日夜間と土曜日に行われる。入学定員40人。入学選考は書類審査と面接。

関連URL

社会情報大学院大学

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録