1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レッドハットが学校法人向け技術者育成プログラムの提供開始

2016年10月6日

レッドハットが学校法人向け技術者育成プログラムの提供開始

レッドハットは5日、学校法人向け技術者育成プログラム「Red Hatアカデミー」の提供を開始した。

「Red Hatアカデミー」は、IT技術者を育成するための企業向けプログラムを、学生向けにカスタマイズしたカリキュラム。

同カリキュラムでは4つのコースを提供する。「Red Hat Enterprise Linux」の基本的な知識や技術、クラウド構築ソフト「Red Hat OpenStack Platform」の実践的な利用法について学習することができ、修了後はレッドハット認定資格の取得を目指すことができる。

2017年4月からは、アプリケーションを構築するソフト「Red Hat JBoss Middleware」のコースも追加し、全6コースで展開して行く予定だという。

ファーストユーザーとして、東京電子専門学校が同プログラムの導入を決定。3日から、高度情報システム科(4年制)でOpenStackコースを正規科目として開講する。2017年には、「Red Hat Enterprise Linux」に対応したコースも順次開始する予定。

レッドハットは、2018年2月末を目途に、日本全国で約100学校法人への「Red Hatアカデミー」の導入を目標としている。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

関連URL

レッドハット

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録