1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学生向けアイデアソン「IoT・AIを活用した未来の空気空間づくり」

2017年2月15日

学生向けアイデアソン「IoT・AIを活用した未来の空気空間づくり」

ダイキン工業は14日、「IoT・AIを活用した未来の空気空間づくり」をテーマに、6日に東京支社、9日に技術開発拠点のテクノロジー・イノベーションセンターで開催した学生向けアイデアソンの内容を発表した。

daikin同イベントは、情報系・工学系・文系など様々な分野で学ぶ大学生・大学院生を対象に、ビジネスの立ち上げを前提に互いにアイデアを出し合い、その実現に向けた課題等についてチーム内で議論を行いながら新たな価値を創造することを目的に開催したもの。

従来、製造業の企業が開催する学生向けセミナーでは、主に電気系、機械系、文系等の学生を対象とするケースが一般的だが、近年のIoT・AIなどの活用に伴い、情報系の学生も対象としたのが特徴だという。

当日は学生41名と46名がそれぞれ参加。同社社員が講師を務める「インプットセミナー」で、オープンデータ・ビックデータ、WEBサービス、AI等、最新テクノロジーのレクチャーを受けた後、個別に知り得たばかりの知識でどのようなビジネスを展開できるかを自由な発想で考え、アイデアをまとめ発表。学生間で人気が高かったアイデアについて、その発案者がプレゼンテーションを実施した。

その後、5~6名の8チームに分かれ、「IoT・ビッグデータ解析・AIを活用した未来の空気空間づくり」実現のためのアイデアソンを制限時間2時間で実施。最終発表は1チーム3分間でプレゼンテーションした。世界各国の気候を再現したスペースで行う旅行の予行演習、ペットを飼う人のための空調管理システムなど、学生ならではの斬新なビジネスモデルが披露された。

厳正な審査の結果、東京の最優秀賞には「エアコンに取り付けたセンサーを活用した子育てサポートビジネス」、大阪の最優秀賞には「学力向上、勉強やる気アップに繋げる学習空間づくり」が決定したという。

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ