1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 遊びながらプログラミング基礎が学べる「トライビットラン」を配信

2017年5月1日

遊びながらプログラミング基礎が学べる「トライビットラン」を配信

ハイマックスは、コンピュータ基礎の教育アクションゲーム「トライビットシリーズ」の第3弾「トライビットラン」の配信を、iOS向けに4月7日から、Android向けには4月28日から開始した。

0430-trbハイマックスは、世間一般的には未知の領域といえるプログラミングの世界へ誰もがすんなり入っていけるよう、「分かりやすく楽しく学べる」ことにフォーカスして「トライビットシリーズ」を設計開発。前作「トライビットロジック」のiOS版は全世界累計14万ダウンロード(4月7日現在)を達成した。

今回の「トライビットラン」は、コンピュータに様々な動きを命令するプログラミングの基礎である「変数と条件式の関係」を学ぶことに着目した「ランゲーム」。

操作方法は簡単でシンプル。3D迷路に入り込んでしまったマスコットキャラのビットロボは自動で走るので、タップして障害物をよけながら穴に落ちないようにジャンプを駆使して、ゴールを目指す。

「変数」とは、情報を格納する箱のようなもの。このゲームではステージ上にSTAR(星)などのアイテムが配置されており、そのアイテムを集めた数を「変数」に格納する。

「変数」に格納されている値によってプログラムの動きを変える「条件分岐」と呼ばれる場所がステージ上にある。その条件分岐に設定された条件を満たしていくことでステージを進んでいくが、もし条件を満たせない場合は前に戻されてしまう。

具体的には条件分岐が「STAR>5(スターが5より大きい)」の場合、「STAR(星)」を6つ以上集めていれば次に進めるが、5つ以下であれば戻ることになる。「変数」と「条件分岐」を理解していないとクリアできないゲームになっている。

ゲームの遊び方は、「ストーリーモード」と「エンドレスモード」の2種類から選択できる。また日本語だけでなく、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語の9か国語に対応している。

関連URL

トライビットラン

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ