1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京女子大・篠崎ゼミが「出身地鑑定!!方言チャート」をアップデート

2017年5月17日

東京女子大・篠崎ゼミが「出身地鑑定!!方言チャート」をアップデート

東京女子大学現代教養学部・篠崎晃一教授と篠崎ゼミは16日、研究成果の一環として、「出身地鑑定!!方言チャート」をアップデートしたと発表した。

0517-hg「出身地鑑定!!方言チャート」とは、2択の質問に答えていくだけで、回答者の出身地を当てることができるWebサービス。

出身地が全国100エリアに分類される「方言チャート100PLUSII」と、47都道府県に分類される「方言チャート47都道府県版」の2種類から構成されている。2013年からネットやSNSなどで人気を集め、4年間で1千万人が利用しているという。

今回、利用者のフィードバックを分析し、「方言チャート100PLUS」の内容を修正。計292の質問を用意したアップデート版「方言チャート100PLUSII」をリリースした。5月18日が「言葉の日」ということもあり、方言をきっかけに言葉の面白さについて触れる機会になればいいという。

主なアップデートの内容は、東北地方へ誘導するルートを改善、長野への誘導を補強するために質問のバリエーションを追加、和歌山への誘導を補強するために質問を差し替え、兵庫への誘導を補強するためにルートを変更、島根・鳥取の振り分けを補強するために質問を差し替え、香川・愛媛の振り分けを補強するために質問を追加、福岡県内のエリア分割を県民の感覚に沿う形に修正、などとなっている。

関連URL

方言チャート100PLUSII

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ