1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. PDF作成もモバイルファーストに、モバイルアプリ「Adobe Scan」

2017年6月2日

PDF作成もモバイルファーストに、モバイルアプリ「Adobe Scan」

Adobe(米国)は1日、Adobe Document Cloudを大幅に刷新し、無償のモバイルアプリ「Adobe Scan」を提供開始した。

これにより、モバイルデバイスをスキャナとテキスト認識ツールとして活用できる。同時に、電子印影の作成と添付機能などを強化した「Adobe Sign」の新リリースを提供開始した。

「Adobe Scan」提供開始の背景には、モバイルワークが普及し、仕事やプライベートにおけるスマートフォンやタブレットの利用が拡大する中、経費精算に添付する領収書の処理や契約書の締結などの作業を、場所を問わずに行うことができる高性能で統合されたモバイルアプリやサービスへのニーズの高まりがある。

「Adobe Scan」の主な機能は、「モバイルで高品質のPDFを作成」。領収書、紙の文書、広告などを撮影または画像をカメラロールから選択すると、エッジ検出、切り抜きとキャプチャ、ゆがみ補正、オートクリーニング、影の削除といった処理を自動的に行い、テキストを鮮明かつクリアにする。

次に、「OCR(光学式文字認識)で画像を検索」。紙のテキストや書類を撮影すると、文字を自動的に認識し、Acrobat Reader DCまたはAcrobat DCで選択、コピー、注釈の追加が可能なデジタルテキストに変換。これによりAdobe PDFで検索と編集可能なデータになる。

さらに、「アドビのドキュメントサービスと連携」。Adobe Scanアプリと無償のAdobe Document Cloudアカウントを使用すると、スキャンしたファイルをオンライン上に自動的にアップロードして、保存、共有、アクセスができる。Acrobat DC有償版のユーザーは、ドキュメントの編集、整理、署名の収集などの強化された機能が利用可能。スマートフォンでスキャンしてDocument Cloudにアップロードし、ノートPCで編集してからタブレットで作業の続きを行うこともできる。「Adobe Sign」の新たなモバイル機能を活用することで、どのデバイスからでも自動的にサインを行い、書類を送付することが可能になる。

「Adobe Sign」は、新リリースで電子サインの使い勝手とモビリティを向上した。強化した機能は、クラウドベースの電子署名、クロスデバイスで署名を取得、カスタマイズ可能な電子メールテンプレート、電子印鑑、ServiceNow。ドキュメントワークフローのあらゆるタスクの自動化を容易にするという。

関連URL

デモ動画

Adobe Scanダウンロード(iOS/Android OSに対応)

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録