1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 生徒も教員もサポート、ヤマハデジタル教材「アルトリコーダー授業」

2017年10月11日

生徒も教員もサポート、ヤマハデジタル教材「アルトリコーダー授業」

ヤマハは10日、「Smart Education System」の新商品として、「アルトリコーダー」を使った音楽授業に最適な、Windowsパソコン・タブレット端末用のデジタル音楽教材「アルトリコーダー授業」を、23日から発売すると発表した。価格は7500円(税別)。

d10701-139-724650-2生徒の協働学習や個別学習に適した校内無制限ライセンスを内田洋行の教育コンテンツ配信サービス「EduMall」(エデュモール)を通じて販売するほか、一斉学習に適したシングルライセンスを一般の書店、楽器店、インターネット通販サイトなどを通じて販売する。

d10701-139-490778-3「アルトリコーダー授業」は、ゆっくり演奏して習熟度を深めることができる「テンポ変更機能」、苦手な部分を繰り返し練習できる「リピート機能」、伴奏に合わせて楽しく練習できる「伴奏機能」、そして楽曲進行と連動して指づかいが表示される「楽譜連動の運指表示機能」を搭載。4つの機能が生徒一人ひとりのレベルに合わせた学びを提供し、指導者による机間指導の時間もしっかりと確保できる。

また、教科書に掲載されている器楽曲、合唱曲、鑑賞曲をはじめ、ディズニーやジブリ、J-POPなど、生徒に耳馴染みのある楽曲も収録。各楽曲の使用音を一覧で確認できるようになっており、「左手のみで演奏できる曲」、「サミングを含む曲」など、指導者は学習の進行度に応じて適切な楽曲を選択できる。

リコーダー演奏の第一人者である吉澤実氏が監修した解説・演奏動画も多数収録。リコーダーに関する基本的な知識から、段階的なステップアップを可能にするエクササイズに至るまで、指導に必要なエッセンスが盛り込まれている。

さらに、デジタル教材を活用した授業の進め方をイメージしやすいように、全体の授業計画や各授業の展開、デジタル教材の使いどころを細かく記載した「授業モデル」を同梱したほか、すぐに授業で活用できる生徒用の「ワークシート」も付属。単なる「アルトリコーダー」の教則本としてではなく、学校の音楽授業での利用を想定した教材内容になっている。

関連URL

オンライン体験版

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録