1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 文溪堂/情報活用能力を育む体験型デジタル教材販売開始

2014年4月1日

文溪堂/情報活用能力を育む体験型デジタル教材販売開始

文溪堂は1日、インターネットのブラウザ上で情報活用能力(情報モラルやリテラシー)を育む体験型のデジタル教材「情報活用トレーニングノート」を販売開始した。

情報活用トレーニングノート

インターネット環境があれば、端末やOSを問わず使用することができるため、普通教室での利用が可能。

対象は、小学校3~6年生、中学校1~3年生。

文字入力、情報検索、著作権・肖像権、情報モラル、情報安全など5章(全18時間)が掲載されている。

価格は450円(税込、児童生徒1人当たり1年間の使用ライセンス)。

関連URL

「情報活用トレーニングノート」

問い合わせ先

文溪堂

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス