1. トップ
  2. ツール・教材
  3. データ変換研究所/HTML5対応のモニタリングソフトウェア

2014年8月27日

データ変換研究所/HTML5対応のモニタリングソフトウェア

データ変換研究所は26日、学校教育用M2Mソフトウェアフレームワーク「Derimo for Education アカデミック版」で、新たにHTML5を使用したモニタリングソフトウェアを追加したと発表した。

また、改造が可能な開発キットを販売するとともに、無料体験版をWebで公開した。

今回HTML5に対応することで、パソコンやスマートフォン上のほとんどのブラウザでモニタリング側のソフトウェアを動作できるようになった。

Androidのみに対応した従来商品では、リモートモニタリングの実現に複数台のAndroid機が必要だったが、今回のHTML5対応で、1台のAndroidスマートフォンとパソコンで同じ機能を実現することができる。

「Derimo」は、Androidに対応したリモートモニタリングのソフトウェア。

価格は、Derimo for Education アカデミック版(ボードなし)が9万2500円(税別)、年間保守料が9万円(税別)。

関連URL

体験版ページ

問い合わせ先

データ変換研究所
電 話:075-254-8780

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス