1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニービジネスソリューションが新たな講義収録・配信ソリューションを販売開始

2016年5月13日

ソニービジネスソリューションが新たな講義収録・配信ソリューションを販売開始

ソニービジネスソリューションは12日、講義収録・管理配信ソリューションの国内展開強化に向け、講義収録・管理配信ソリューション製品で、業界最大手である米ソニックファウンドリー社の日本法人メディアサイトと、日本国内における販売店契約を締結したと発表した。6月から販売を開始する予定。

システム概要

システム概要

社会のグローバル化、ボーダレス化の波を受けて、大学教育が変わろうとしている。学生の主体的学びを促す「アクティブ・ラーニング」や「反転授業」、大学の国際化や大学間連携の強化による遠隔地を結んだ授業のライブ配信、MOOCなどの講義のオンデマンド配信など、教育現場における映像の活用と学修環境の整備が進んでいる。

こうしたなか、ソニービジネスソリューションは、大学市場における高品位な映像コンテンツを制作するソリューションを提案してきた。今回、メディアサイト社との販売店契約締結により、両社のシステムを効果的に連携する専用ソフトウェアを核としたソリューションの販売を開始する。これにより、講義の収録・編集・管理・配信・視聴までの一貫したワークフローをサポートし、教育の質的向上に貢献するトータルソリューションの提供が可能になるという。

新しいソリューションの機能特長は、「ソニー製ネットワークカメラを利用したアロバビュー講義収録システムからメディアサイト映像管理配信サーバーへの自動連携」、「ソニー製ネットワークカメラからの映像をメディアサイト製レコーダーでIPストリーム録画」、「ソニー製ビデオ会議システムからの講義映像収録とメディアサイト映像管理配信サーバーへの自動連携」の3点で、この機能は2016年秋の対応を予定している。

関連URL

ソニービジネスソリューション

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス