1. トップ
  2. データ・資料
  3. 13万件以上の初期英語書籍データベースが日本国内の大学で利用可能に

2016年10月5日

13万件以上の初期英語書籍データベースが日本国内の大学で利用可能に

ProQuest日本支社は5日、同社の初期英語書籍集成データベース「ProQuest Early English Books Online (EEBO)」を、日本の国立情報学研究所(NII)と大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)による共同購入コンソーシアムに提供し、1473年から1700年に出版された英語書籍のデータベースが日本国内の大学で利用可能になったと発表した。

「EEBO」は1473年から1700年に英語で出版された書籍、または英国で出版された書籍を電子化した初期英語書籍の集成データベース。世界で1000以上の大学を中心とした機関に導入されているという。

今回、共同購入コンソーシアムがEEBOを採択したことで、NIIとJUSTICEは、日本国内の研究者に、文学をはじめ言語、音楽、歴史、哲学、宗教や旅と探検記録など13万件以上におよぶ英語書籍のデータを提供することが可能となった。

関連URL

ProQuest

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録