1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 授業・研修支援システム「オープンLMS」新ラインアップ登場

2017年1月24日

授業・研修支援システム「オープンLMS」新ラインアップ登場

学習管理システムのLMS(Learning Management System)をカスタマイズして提供するレゾナント・ソリューションズは、大学などの教育機関や企業向けの商品「オープンLMS」の新ラインアップとして「オープンLMSスタンダードパッケージ」の提供を23日から開始した。

サイトデザイン例:オープンLMSトップ画面

サイトデザイン例:オープンLMSトップ画面

「オープンLMS」は、企業や教育機関が社員や生徒に対してオンラインで受講できる授業や研修を開催できる授業・研修支援システム。個人や組織での学習・トレーニングの目標を決め、必要な教育用コンテンツを管理し、達成度を評価できる。

新ラインアップの「オープンLMSスタンダードパッケージ」は、オープンソースLMSパッケージ「Moodle」がベース。オープンLMS-New(Moodle最新パッケージがベース)とオープンLMS-LTS(Moodle長期サポートパッケージがベース)の2種類を提供する。

「オープンLMSスタンダードパッケージ」(LMS-New、LMS-LTS共通)は、組織の性質に合わせたロゴ、カラー、ログイン前ページ作成が可能。また、ユーザーインターフェースをカスタマイズしたため、初めての人でもマニュアルを読まずに使用できる。コーストップ画面には、コンテンツのほかお知らせや完了確認が表示される。

アクセスグラフで、コンテンツの利用状況、課題・テストの提出状況、評価分布がビジュアル化されるため、講師やマネージャーなどのトレーニング管理者は、受講者の利用状況を一目で把握できる。

さらに、海外の大学や企業で学生や社員の評価方法として取り入れられているコンピテンシー(行動特性、達成度)による評価設定が可能に。その評価に基づいて学習プランを作成することもできる。

「オープンLMSスタンダードパッケージ」は、初期費用16万2000円から、クラウド利用料月額1万6200円から、保守料月額1万800円から。

関連URL

オープンLMSスタンダードパッケージ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス