1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. VR/ARのコラボツールを手がけるCynackがシード資金を調達

2017年4月28日

VR/ARのコラボツールを手がけるCynackがシード資金を調達

Cynackは27日、2016年12月16日にF Ventures Fund 1号投資事業有限責任組合から500万円のシードラウンド資金調達を実施したことを明らかにした。

d25431-1-296575-0Cynackは、2016年9月にIBM主催のハッカソンプログラム「INNOVATE Hub Kyushu」で優秀賞を獲得した、当時高校生のメンバーが起業した会社。IBMの事業化支援を受けながら、PCやスマートフォンはもちろん、VRやAR/MRでも使用できるマルチデバイス対応のコラボレーションツール「Cynack」の開発を行っている。

「Cynack」は、手早くユーザーを連絡先として登録し、個別や複数でのチャットができる従来のオープンSNSの側面と、フレンドから任意のユーザーを選び、簡単にビジネス向けのチームを作ることのできるクローズドSNSの2つの側面を持っている。従来のコラボレーションツールで対応していたスマートフォンやPCに加え、Oculus RiftやHTC ViveなどのVRデバイス、Microsoft HololensなどのMRデバイスへの対応も予定している。

チャット画面から簡単に、文書・表計算・プレゼンテーションファイルなどの共同編集ができる画面に移動することが可能。さらにVRやAR/MRでは、3DモデルやVR内ワークスペース自体の編集をすることができる。また、チーム内でチャンネル単位のグループがあった場合でも、そのチャンネルで独自のドメインを取得し、チーム化させることができる。

同社では、27日から2日間開催中IBM Watson Summit 2017において「Cynack」α版の展示・体験をしており、今年中に最初のソリューションをリリース、その後は共同編集が可能な拡張子を増やしつつ、VRやAR/MRの機能拡張に努めていきたいとしている。

関連URL

Cynack

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス