1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 6言語対応の「日本の仕事の進め方・会議への参加」アプリ新発売

2017年5月24日

6言語対応の「日本の仕事の進め方・会議への参加」アプリ新発売

シュビキは23日、日本企業での会議について紹介する「日本の仕事の進め方・会議への参加(6言語対応)」アプリを6月1日に発売すると発表した。

グローバル展開を図る企業が増える中、外国人スタッフの採用と戦力化が進んでいるが、外国人が能力を十分に発揮するためには、日本企業の仕事の進め方に慣れる必要がある。

同アプリは、日本企業の会議で報告するとき、質問や意見を言うとき、反論するときにはどのように進めればよいかを母国語を使って説明し、外国人スタッフがその進め方に慣れることを目的としている。

定額制クラウド型eラーニング「BISCUE LS」(スマホ対応)の対象コースにもできるほか、個人利用の場合にはスキルアップアプリ「BISCUE App」のIn-App(アプリ内課金)としても利用できる。

内容は、報告するとき、質問するとき、意見を言うとき、反対・反論するときの4項目で、英語、中国語、スペイン語、中南米スペイン語、ポルトガル語、フランス語の6言語に対応。

シュビキは、多言語ビジネススキル教材の企画・製作、クラウド提供を事業ドメインに、「BISCUE eラーニング」「BISCUE App」「BISCUEビジネスDVD」として、約1300タイトルを発売・配信中。eラーニング利用企業は4500社を超えるという。

関連URL

シュビキ

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
DRONE STAR スターターセット 全員貰えるアンケートキャンペーン 学校・教育関係者対象 4/26(木)17時59分迄
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 講義の遠隔視聴・収録 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録