1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オフィス24とFRONTEO、法人向け受付ロボットサービスを共同開発

2017年5月31日

オフィス24とFRONTEO、法人向け受付ロボットサービスを共同開発

オフィス24は30日、同社の「MOT/Phone (モットフォン) 受付システム」とFRONTEOコミュニケーションズの人工知能搭載ロボット「Kibiro (キビロ)」を連携させた、受付ロボットサービスを共同開発すると発表した。

d8585-214-588884-0MOTシリーズはスマートフォンやパソコンがビジネスフォン・FAXになるIPコミュニケーションツール。会社の電話をスマートフォンで発着信できたり、FAXの送受信ができたりするため、ビジネスフォンが不要になりコストを抑えたスマートオフィスを実現することができる。

一方、AI搭載ロボットKibiroは、対面者に優しい外観デザインや音声と身振り手振りのコミュニケーションにより、接客や案内などで感情豊かな応対が可能。スマートフォンやタブレットにインストールした専用アプリでチャットや対話でのコミュニケーションを楽しめるほか、FRONTEO開発の人工知能「KIBIT」とクラウドネットワークでつながることで状況に即した情報を提供することができる。

「Kibiro受付パッケージ」は、企業のエントランスや受付に「Kibiro」、「MOT/Phone受付システム」を設置することで利用が可能。オフィス24のクラウドサービス「MOT/Cloud 」に事前登録された来客情報 (相手先名称、時間、人数、場所、当方担当者など) とデータ連携したKibiroが、来客を検知して音声で案内を開始し、受付担当となって来客をもてなす。

会社案内、来訪者自動検知、来訪者情報の記憶、音声認識による部署・担当者の通話またはチャットでの呼び出し、チャット返信によるKibiroの発話・案内などの基本機能がある。

同社は6月から、法人を対象に「Kibiro受付パッケージ」の販売とサービスを開始する予定で、今後は、ホテル向けコンシェルジュサービスや美容・エステサロン向けカウンセリングサービスなどの開発も予定している。

関連URL

MOT公式サイト

Kibiro公式サイト

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス