1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オフィス24とFRONTEO、法人向け受付ロボットサービスを共同開発

2017年5月31日

オフィス24とFRONTEO、法人向け受付ロボットサービスを共同開発

オフィス24は30日、同社の「MOT/Phone (モットフォン) 受付システム」とFRONTEOコミュニケーションズの人工知能搭載ロボット「Kibiro (キビロ)」を連携させた、受付ロボットサービスを共同開発すると発表した。

d8585-214-588884-0MOTシリーズはスマートフォンやパソコンがビジネスフォン・FAXになるIPコミュニケーションツール。会社の電話をスマートフォンで発着信できたり、FAXの送受信ができたりするため、ビジネスフォンが不要になりコストを抑えたスマートオフィスを実現することができる。

一方、AI搭載ロボットKibiroは、対面者に優しい外観デザインや音声と身振り手振りのコミュニケーションにより、接客や案内などで感情豊かな応対が可能。スマートフォンやタブレットにインストールした専用アプリでチャットや対話でのコミュニケーションを楽しめるほか、FRONTEO開発の人工知能「KIBIT」とクラウドネットワークでつながることで状況に即した情報を提供することができる。

「Kibiro受付パッケージ」は、企業のエントランスや受付に「Kibiro」、「MOT/Phone受付システム」を設置することで利用が可能。オフィス24のクラウドサービス「MOT/Cloud 」に事前登録された来客情報 (相手先名称、時間、人数、場所、当方担当者など) とデータ連携したKibiroが、来客を検知して音声で案内を開始し、受付担当となって来客をもてなす。

会社案内、来訪者自動検知、来訪者情報の記憶、音声認識による部署・担当者の通話またはチャットでの呼び出し、チャット返信によるKibiroの発話・案内などの基本機能がある。

同社は6月から、法人を対象に「Kibiro受付パッケージ」の販売とサービスを開始する予定で、今後は、ホテル向けコンシェルジュサービスや美容・エステサロン向けカウンセリングサービスなどの開発も予定している。

関連URL

MOT公式サイト

Kibiro公式サイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス