1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 得意な分野で応募できる全国学芸サイエンスコンクールが作品募集

2017年6月14日

得意な分野で応募できる全国学芸サイエンスコンクールが作品募集

旺文社は13日、同社が主催する「第61回全国学芸サイエンスコンクール」の作品募集を開始した。

c1570768e0同コンクールは、青少年の学術・科学・文芸の振興奨励を目的として、1957年にスタート。以来、小中高校生の夏休みの創作活動や総合学習の一環として、また課外活動での学習成果の発表の場として、全国各地の数多くの学校、生徒が参加しており、2016年は全国各地と海外の日本人学校も含めて、12万7533点の応募作品があったという。

募集部門は理科自由研究・自然科学研究から、絵画・書道・小説、さらに写真・ポスター/デザインの学芸両ジャンル12部門にわたる。最優秀作品には内閣総理大臣賞や文部科学大臣賞などが授与されるほか、優秀作品には各分野賞や協賛企業・団体からの表彰がある。

10月中旬から11月中旬に1次選考・2次審査が行われ、11月17日にサイエンス部門の、12月1日に学芸部門の最終審査会が行われる。表彰式と受賞パーティーは、2018年3月9日にホテルオークラ東京で開催される予定。

コンクールの概要

応募締切:9月27日 (水) 当日消印有効
募集対象:全国の小学生・中学生・高校生 (海外の日本人学校在籍者も含む)
応募方法:作品1点ごとに、コンクールホームページからダウンロードした応募用紙・応募票に必要事項を記入し、応募票は作品に添付して送る。応募作品は自作 (オリジナルな創作作品) で未発表のものに限る。
応募先:旺文社「全国学芸サイエンスコンクール」事務局
〒162-8680東京都新宿区横寺町55

関連URL

第61回全国学芸サイエンスコンクール

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス