1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、「おもてなしガイド受信SDK」の無償提供を開始

2017年7月27日

ヤマハ、「おもてなしガイド受信SDK」の無償提供を開始

ヤマハは25日、同社開発の音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」のアナウンス情報の受信機能を、同社製以外のスマートフォンアプリにも追加することができる「おもてなしガイド受信SDK」の無償提供を開始した。

0727-0nt
「おもてなしガイド」は、言語や聴力の壁を超えて、誰もがアナウンスの内容を理解できるようにするための「音のユニバーサルデザイン」化支援システム。流れてくる対応アナウンスをスマートフォンのマイクで受信し、その内容を多言語に翻訳された文字で確認することができる。これまで、同社は国内の空港、エアライン、鉄道、バス、商業施設、観光施設、自治体などと連携して実証実験を重ねてきた。また、放送機材関連メーカーと連携を進めて、「おもてなしガイド」対応機器の共同開発にも力を注いできた。

同社は、来年に予定している「おもてなしガイド」の事業化に先立ち、受信SDKの提供を開始することとした。SDK (Software Development Kit) とは、ソフトウェア開発に必要な技術文書やプログラムをまとめたもので、スマートフォンアプリの開発・提供を行う事業者は受信SDKを使用することで、自社製のiOSアプリやAndroidアプリに、対応アナウンスを受信してその翻訳内容を表示する機能を、短期間 (1週間程度) で簡単に組み込むことができるようになる。

これにより、同社が提供している「おもてなしガイド」以外のユーザーでも、「音のユニバーサルデザイン」に対応したサービスが受けられるようになる。また、受信対象のアナウンスを指定できる機能も搭載されており、必要性の高い防災関連アナウンスと通常の一般的なアナウンスをそれぞれ選択できるようにもなっている。

なお、成田国際空港が提供している訪日外国人向けアプリ「TABIMORI-Travel Amulet-」に31日から先行導入が予定されている。

関連URL

「おもてなしガイド受信SDK」の申し込み・相談

TABIMORI-Travel Amulet-

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス