1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 大阪教育大と富士通、スマートデバイスを活用したALを開始

2017年10月23日

大阪教育大と富士通、スマートデバイスを活用したALを開始

大阪教育大学と富士通は、スマートフォンデバイスを活用し、議論を活発化させる対話型のアクティブ・ラーニング支援システムを構築し、大阪教育大学で10月から、授業での運用を開始する。

1023-fjt2

システムイメージ

同システムは、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの共創活動支援のプラットフォーム「WebコアInnovation Suite」を採用。学生が所有するスマートフォンなどでQRコードを読み取り、表示された画面からコメントを投稿すると、自動的に教室内のスクリーンに映し出されるようになっている。教員や他の学生がそれに対して意見や回答を行うことで、活発な議論を通して授業内容の理解を深めるインタラクティブな講義スタイルを実現する。また、発信された学生の意見や質問はPowerPointに変換できるため、プレゼンテーションやドキュメントとして再利用が可能となる。

教員はマウス操作やスクリーンへのタッチ操作により、コメントの配置や拡大縮小を自由に行うことができ、重要な意見を強調したり、意見を分類しながらまとめたりすることも簡単にできる。また、授業中に随時質問を受け付け、授業の区切りでまとめて解説を加えたり、質問の傾向を把握して授業に反映していくことなども想定している。

大阪教育大学では今後、授業でのアクティブ・ラーニング手法の採用率70%以上を目標に、同システムの活用を推進していくとしている。

明星中学校・高等学校 ICT教育研究会 with Classi in Meisei 3.28 12:00 - 18:00 お申込みは3月20日まで
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! CHIeru 無料体験版はこちら
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録