1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 浜松市で「IoT技術を活用した子ども見守りサービス」実証実験中

2017年10月2日

浜松市で「IoT技術を活用した子ども見守りサービス」実証実験中

浜松市教育委員会と中部テレコミュニケーションは、9月1日から来年1月31日までの予定で、浜松市立三方原小学校においてIoT技術を活用した子ども見守りに関する実証実験を実施している。この実験ではottaが自社の見守りサービスを提供している。

見守り端末(電波発信機)

見守り端末(電波発信機)

同サービスでは、ビーコン (電波発信機) を搭載した専用の見守り端末を持つ子どもの位置情報履歴を、保護者などがスマートフォンやPCで把握することができるほか、あらかじめ登録した場所を見守り対象者が通過した場合に、位置情報をメールで確認することもできる。

見守り端末は、GPS端末と比較して低コストかつ電池寿命が長いため、頻繁に充電する必要がない。また、ビーコンの電波を受信する基地局 (電波受信機) も電源コンセントに差すだけで設置できるため、基盤となるシステムを速やかに構築できるのが特徴となっている。

実験では、小学校のほか、通学路や子どもがよく集まる公共や民間の施設などに基地局を設置している。これにより、学校だけでなく街中での広域見守りが可能となり、将来は高齢者などの見守りに利用できるインフラとなることが期待される。さらに、地域の人に専用の見守りアプリをインストールしてもらい、ビーコンの電波を受信する「動く基地局」として見守り活動に参加してもらうこともできるという。

関連URL

中部テレコミュニケーション

otta

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス