1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 小中高生向け「電子書籍の定額制読書サービス」来春から有料で提供

2018年10月19日

小中高生向け「電子書籍の定額制読書サービス」来春から有料で提供

eライブラリー有限責任事業組合は、小中高等学校向けの電子書籍サービス「School e-Library」を2019年4月から開始する。

d38124-1-283758-0「School e-Library」は、有力出版社8社と、学校教科書や教材を中心に事業を行っている教科書供給会社29社が集まって開発した、電子書籍の定額制読書サービス。

全国の小中高等学校を対象に、1つの学校に年額2万8800円で、1つの学級が1度に同じ本を読むことができる41ライセンス (生徒40名+教員) を提供する。

常時少しずつ入れ替わる1000冊の本が読書可能になるという。

問い合わせ先

eライブラリー有限責任事業組合
Email : elib-mail@s-elibrary.com

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス