1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. COD、ディープラーニング協会理事長が技術アドバイザーに就任

2019年4月15日

COD、ディープラーニング協会理事長が技術アドバイザーに就任

connectome.design(コネクトーム デザイン・COD)は12日、東京大学大学院工学系研究科教授で日本ディープラーニング協会理事長の松尾豊氏と技術アドバイザー契約を締結し、同氏が同社の技術アドバイザーに就任したと発表した。就任は4月1日付け。

0415-cd2018年6月に創業したCODは、ディープラーニングをはじめとした人工知能関連技術を用いて様々な社会課題を解決し、社会全体のWell-beingの向上を目指すベンチャー企業。

主力事業は、AI関連技術を活用した新規事業創出で、ハンズオン形のコンサルティングサービスのほか、「知の爆縮」を起こしAI関連プロジェクトを強力に推進する仕組み「AIギルド」およびAIの社会実装を可能とするナレッジを、誰もが自由に取引することができる知のマーケットプレイス「connectome.platform」の研究開発および実証を進めている。

今回、技術アドバイザーに就任した松尾氏は人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析が専門分野で、同分野の第一人者として長年、研究に取り組んでいる。

また、2017年6月に発足した「日本ディープラーニング協会」では、発足時から理事長を務め、同技術の産業活用促進や人材育成にも注力。アカデミアと産業界との橋渡し役として尽力している。

同社では、社会課題解決と社会全体のWell-Beingの向上を一層推進すべく、松尾氏に、ディープラーニングを軸とする最新技術の研究開発の応用に関する助言をしてもらう予定。

松尾氏は、1997年に東大工学部電子情報工学科卒業。その後、スタンフォード大学客員研究員などを経て、2019年から、東大大学院工学系研究科人工物工学研究センター・技術経営戦略学専攻教授、東大工学部システム創成学科知能社会システム(PSI)コース長。

人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞している。

関連URL

connectome.design

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス