1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 早稲田大学図書館と慶應義塾大学メディアセンター、図書館システム共同運用

2019年9月4日

早稲田大学図書館と慶應義塾大学メディアセンター、図書館システム共同運用

早稲田大学図書館と慶應義塾大学メディアセンター(図書館)は2日、図書館システム共同運用を開始した。

ケンブリッジ大学やハーバード大学をはじめ海外の名門大学図書館で運用の実績があるという、イスラエルのEx Libris社のクラウド型図書館システムAlma、および検索インターフェースPrimo VEのシステムを採用。共同運用のメリットを活かすために、目録情報の効率的作成を実現する組織「早慶目録ユニット」を新たに立ち上げ、図書館システム上で国際標準形式の目録情報を共有することとした。これにより、両大学に所属する研究者、学生は、早慶の資料合わせて1070万冊を同時に検索できるようになった。

また、新たな検索インターフェースでは、契約電子資料も紙媒体の所蔵資料と横断的に検索できるようになったほか、これらの資料の中に収録されている論文や記事、さらにはWeb上に無償で提供されている世界中の学術情報も同時に発見できるようになった。

両大学の図書館利用者にとって利便性が大幅に向上するほか、図書館にとっては、ジャーナルなどの電子資料の契約・アクセス管理を一元的に行うことが可能となり、より安定的かつ国際標準に準拠した学術情報を提供できる環境が整うことが期待される。

なお、来年2月25日に早稲田大学国際会議場井深大記念ホールで、システム共同運用に関する合同シンポジウムの開催を予定している。

関連URL

早稲田大学図書館

慶應義塾大学メディアセンター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス