1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会 11月16日決勝

2019年10月28日

小学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会 11月16日決勝

バリューズフュージョンは24日、小学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2019』決勝大会に進むファイナリスト14名(スクールイノベーション部門7名、ソーシャルイノベーション部門7名)を選出したと発表した。11月16日の決勝大会では両部門から大賞、優秀賞、特別賞を選出し、表彰する。


『スタートアップJr.アワード2019』は、小学生自らが考えたアイデアを動画でエントリーし、優秀なアイデアを表彰するアワード。アイデアの着想力はもちろんのこと、構成力やプレゼンテーションの表現力、訴求力も含めて評価する。

「スタートアップJr.アワード2019」決勝大会ファイナリスト

<スクールイノベーション部門 7名>
・大谷 眞央(小3)「教科書を折りたたんで荷物を軽くするプロジェクト」
・岡本 大輝(小5)「eスポーツの新しい授業を学校に作る!」
・竹内 伸(小5)「中遊びの幅を広げたい!学校に一人一人の居場所作り」
・種本 乎樹(小6)「SDGs4 質の高い教育をみんなに」
・田淵 斗空(小2)「DASH(6年生と取り組む新しいチームでの勉強)プロジェクト」
・林 直生(小5)「レモネードスタンドを学校に」
・茂木 七斗(小3)「ニコニコ学校プロジェクト」
<ソーシャルイノベーション部門 7名>
・出野 晴(小4)「障害を持った人がみんな暮らしやすくする社会つくり!」
・上田 夢(小2)「かたつむり☆プロジェクト」
・小助川 晴大(小5)「日本と世界の食料問題を解決するアイデア」
・住田 陽(小4)「環境問題のない世界つくり!ゴミ箱投票制度!」
・中野 愛子/與語 泉(小6)「花を街中にいっぱいにすることで生まれる10年後も20年後も住み続けたい街作り」
・柳川 仁人(小6)「若い人を呼んで限界集落をなくす」
・山川 海翔(小4)「じしんあんぜんプロジェクト」

決勝大会開催概要

開催日時:2019年11月16日(土)13:00〜16:00
開催場所:永田町「GRiD」6Fイベントスペース [東京都千代田区平河町2-5-3]

観覧申込

関連URL

「スタートアップJr.アワード2019」オフィシャルサイト

バリューズフュージョン

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス