1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SELF、ベネッセ「進研ゼミ高校講座アプリ」にコミュニケーションAIを導入

2019年12月5日

SELF、ベネッセ「進研ゼミ高校講座アプリ」にコミュニケーションAIを導入

SELFは4日、ベネッセコーポレーションが運営する「進研ゼミ高校講座アプリ」にコミュニケーションAIを導入したことを明らかにした。

進研ゼミ高校講座のスマートフォンアプリで、キャラクター「たま丸」とSELFエンジンとの連携により、ユーザーとの密接なコミュニケーションや会話を実現した。

進研ゼミ中学講座の「ハイブリッドスタイル」(タブレット教材を使った講座)では、2017年夏からSELFの会話型コミュニケーションエンジンが活用されている。中学生とは異なり、高校生では理系・文系に分かれるだけでなく、志望校の難易度や各教科の進捗、部活動の有無など、生徒一人ひとりが必要とする教材やアドバイスの内容に違いが出てくることを踏まえ、SELFを導入することで、生徒それぞれの特性を把握・記憶し、最適と思われる提案を行い、生徒の潜在的な課題解決や日常的な勉強のサポートを目指す。

まず、生徒それぞれの生活時間やテストなどの学習日程、性格傾向、教材などのコンテンツ活用状況を「個」の情報と定義し、これを聞き取る質問のタイミングを最適化。さらに、聞き取った内容を蓄積・応用することで、具体的な学習アドバイスや進路サポートなどの提案やナビゲーションを行う。また、生徒からの困りごとや学習に関する質問にも対応しており、生徒へ提案するだけでなく生徒からも発信できるような仕組みになっている。

そのほか、管理画面では、指定期間でセグメントごとに最初に提案する内容の編集・配信設定ができ、キャンペーンやイベントなどのスピードが求められる会話についても、ベネッセ側での制御が可能となっている。また、分析画面も提供し、会話で取得したデータを随時確認することができる。

今後は、長期休みなどのモチベーションの低下対策や、進路の悩み解決のきっかけとなる提案の精度を上げることで、高校生活をトータルでサポートし、サービス利用頻度の向上を目指していく。

関連URL

SELF

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス