1. トップ
  2. 学校・団体
  3. イノベーション協議会、産学官民連携の「長期休校支援プロジェクト」を始動

2020年3月3日

イノベーション協議会、産学官民連携の「長期休校支援プロジェクト」を始動

教育イノベーション協議会は2日、新型コロナウイルスによる学級閉鎖などの長期化に備え、EdTechを活用した、いつでも・どこでも・だれでも学べる環境を産学官民一体で支援する「マナビを止めるな!プロジェクト」を始動させたと発表した。

このプロジェクトは、デジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌宏教授が発起人となって設立。

学校(公教育全般)の学級閉鎖などの長期化(事実上の教育活動の停止)に対して困っている、自治体・学校・保護者に向け、教育系の民間団体・企業・塾・個人の広範な市民の協力関係を作り出し、情報発信・実証事業(サービス提供)などを、行政・自治体と連携しながら進めていくが、まずは経産省・未来の教室「学びを止めない未来の教室」と連携した。

具体的な活動としては、「情報発信」として、YouTubeチャンネルを通して、各企業などとともに、有益な情報を発信していく。

また、「実証事業」(サービス提供)として、民間企業などの協力の範囲で実証事業を行っていく。全国一律というよりも、地域・学校・教室単位での実証事業を民間企業の協力で試行錯誤しながら実施していく。

プロジェクトを推進するためのロゴマークも作成。同プロジェクトの理念に賛同する個人・団体などは無料で使用できる。

配信予定のコンテンツは、「第1弾」発起人・佐藤教授からのメッセージ(仮称)、「第2弾」Zoomを使ったオンライン授業の提案(仮称)となっており、3月上旬に配信開始する。

関連URL

「学びを止めない未来の教室」

Youtube「学びを止めるな!プロジェクト」

教育イノベーション協議会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス