1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 渋谷区、区立小中学校のすべての児童生徒向けに「Surface Go 2」を1万2500台導入

2020年5月14日

渋谷区、区立小中学校のすべての児童生徒向けに「Surface Go 2」を1万2500台導入

日本マイクロソフトは13日、東京都渋谷区が、さらなる教育ICT環境の充実を目指し、
区立の小中学校全26校のすべての児童生徒に9月以降順次配布する端末として、マイクロソフトの最新デバイス「Surface Go 2」1万2500台の導入を決定したとオンライン発表会で発表した。

「Surface Go 2」

「Surface Go 2」は、文部科学省が「GIGAスクール構想」で示している「学習者用端末の標準仕様」をすべて満たすとともに、様々なデジタル教材の活用に十分耐えうる性能、ペン描画機能、高精細の両側カメラなど、これからの子どもたちに必要な機能を備えた、GIGAスクール構想「応用パッケージ」に最適なデバイス。同社では、12日から「Surface Go 2」の提供を開始。

渋谷区は、2017年9月から「渋谷区モデル」としてWindowsタブレットを区立小中学校のすべての教員・児童生徒に配布して、いちはやく児童生徒一人一台端末環境を整備し、授業や持ち帰り学習等で活用している。渋谷区では、現在利用している端末の更新を機に、さらなる教育ICT環境の充実を目指して、Surface Go 2の導入を決定した。また、同時に導入を決定した、1学年に1クラス分の「Microsoftクラスルームペン」と、すでに教育現場で利用されているOffice 365を含むMicrosoft 365 A5を組み合わせることで、Microsoft PowerPointやMicrosoft Wordなどを使った学習をしながらも、子どもたちの学習過程で重要な”手書き”の要素を残したまま、最先端の教育ICT環境を拡充していくことが可能になるという。

通常、教育機関には、Wi-Fiモデルが採用されるが、昨今の事情を考慮し、渋谷区では、Surface Go 2のLTEモデルが採用され、持ち帰り学習を視野に入れているという。

また、同発表会には立命館小学校の正頭英和先生が登壇し、活用事例を紹介した。同校は2013年からSurfaceを採用し、その堅牢性、保証体制を充実から採用を継続。Microsoft Office365、特にMicrosoft Teamsとの相性が良いもの理由の一つ。同校の児童は、3月2日から1度も学校に登校していないが、1人1台Surfaceを持っていることから、教員がMicrosoft Teamsを使いながら、児童とやり取りを続け、つながりを軸に心の健康を保ちながら、学習を進めているという。

関連URL

渋谷区モデル

Surface Go 2応用パッケージ

Surface Go 2活用事例

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス